CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
PROFILE
OTHERS
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村


北欧(インテリア・雑貨) ブログランキングへ
<< 生駒(いこママまるしぇ)、出店のお知らせ | main | 長靴下のピッピ、北欧の切り絵など。 >>
シナモンロールを焼いて、いこまままるしぇへ
0
    cinamon_roll4.JPG
    PR:サラダ、パン、ケーキ、食材の色や雰囲気を活かす、スウェーデンのブランド、ロールストランドのプレートです。
    地中海とスウェーデンのブルーを表現したさわやかな「ペルゴラ」シリーズ。北欧伝統のこもの店グルーナルンデン
    いこママまるしぇへの出店、無事終了しました。
    ものすごく寒い一日でしたが、ご来場ありがとうございました!
    普段はオンラインストアで直接、お客さまの顔を見てお話する機会がないので、とっても楽しみにしていました。

    ー気に入っていただけた方の素敵な笑顔
    ー「他の人の手にいってほしくない」と深い悩みにおちいってしまった方
    ー「エストニアとはどんな国ですか」と静かに会話を楽しんでいかれた方
    ー映画「かもめ食堂」のような雰囲気ある、誠実であたたかそうな方

    こんな方々と出会えるなら、寒くても、慣れない出店作業に昼夜追われても、また明日から頑張ろう!と思えた一日でした。
    生駒市駅前で開催されるいこママまるしぇは毎月開催のイベントです。当店は次回いつの出店になるか未定ですが、他にも素敵なお店が沢山あります。お近くの方はぜひのぞいてみてくださいね。

    さて、以前、スウェーデンのカネルブッレ(kanel bullar シナモンロール)の記事を書きました。
    スウェーデンの定番おやつですが、少しずつレシピが違う「シナモンロール」は世界で人気の菓子パンですね!

    アメリカでは、シナモンロールは、ちぎりパンとして売っているお店が多いのだとか。
    ニューヨークで修行された森岡梨さんの本(クリックするとamazonに)
    こちらのほうが、簡単でバターが少ないので、最近はしょっちゅうこのレシピで作っています。

    マルシェ当日の朝食から気分を盛り上げようと、前夜から焼きましたよー!!

    このレシピでは、生地に、ナモンシュガーをふりかけるだけ。
    シナモン小さじ1
    グラニュー糖大さじ1と1/2

    前紹介したスウェーデン版は、溶かしバターと混ぜてペーストにしました。
    バターのある/なしで、コクが違いますが、好みだと思います。
    難しいのは、サラサラの粉をかけるだけなので、生地のふちは多めに余白を作らないと、ロールすると横から上から大量のシナモンシュガーがばらまかれることに…。(もったいない!)

    cinamon_roll1.JPG
    これを手前から奥側へロールし、9等分。
    真ん中に寄せてから二次発酵すると、ぎゅっとくっつきます(ちぎりパンにするので)
    cinamon_roll2.JPG

    このレシピだとバターも少なく、スウェーデン版と比べてふんわりした軽めのパンがやけます。
    卵をツヤ出しに塗って、砂糖をまぶしてから焼くのはスウェーデン版と同じです。
    cinamon_roll3.JPG

    バター系ふっくらパンのレシピで、成型やトッピングのバージョン違いで作れます。

    紹介した本のレシピとは、卵を使ってなかったり、練乳を入れていたり少し違いますが、
    COOKPADのちぎりパン・レシピのリンクを参考に掲載しておきます。
    http://cookpad.com/recipe/2570718

    先ほどから話題の、A.R.Iのレシピ本は、結構、使っていて「欧米の家庭的なさっと作れるおやつ」という雰囲気があります。
    スウェーデンで、色んなおうちに呼ばれて、思い起こせば必ず手作りのパイやタルトを用意してくれていました。
    「買ってきたのよ〜」は経験したことがありません。
    買う場合は、その場で(イートン・カフェ)食べていました。
    気さくな焼き菓子がぱぱっと作れたらいいなって思います。

    先日はお客さんがきて、この本から「レモンタルト」を作りました。(フィリングも台も一度に焼いてお手軽!)
    作った理由は、朝から行くと言われ茶菓子を買いに行けなくなったからですが…(汗)
    「ぱぱっと」とはいきませんでしたが、酸味がきいておいしかったです。
    ごちそうさま。
    lemon_tart.JPG

    JUGEMテーマ:北欧雑貨
    | 日々のつぶやき | 12:46 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする